BLOG

ブログ

2018年05月31日

今年は不作か!?どうなる文旦。。。

 

先日、文旦の花つけが終わって、ホッとしてたら、生理落下で、人工授粉して、チョコベビーくらいの実になってた文旦の赤ちゃんがポロポロと地面に落ちている。
 
「あれ~。なんか例年より生理落下してる感じがするな~。生理落下は来月くらいまで続くから、これ以上、落ちたら収穫量がだいぶ少なくなるんじゃないか!???」
 
と、山で剪定枝の片づけをしながら、考えていたら、ちょうど近所の文旦農家さんが山に上がってきたので、
 
「なんか、今年、生理落下ひどくない?」
 
と聞いてみたら、
 
「うん。ほかの農家でも生理落下、けっこうひどいみたいよ。あと四万十町で上手に作っている文旦農家さんが、今までに経験したことないくらい、実が落ちた。って言ってたみたいよ。」
 
と教えてくれた。
 
 
もしかしたら、僕の文旦畑だけ、生理落下がひどくなってるのか!?と思ったら、他の農家さんでもひどいみたい。
 
ということは、去年の荒れた天候のせいかな。。。(夏の猛暑、干ばつ、冬の大寒波等)
 
 
ん~~~。7月から始める作業。文旦の摘果(小さい実や傷のある実を落とす)を例年より、控えめにして、文旦の実を確保したいけど、どうなることやら。。。
 
 
まぁ、悩んでもしょうがないので、今できることを、精一杯やっていこうと思います。