BLOG

ブログ

2018年05月16日

丸神文旦 夏肥 平地 栽培

前年踏襲はしない。ちょっとでも前に進みたい。

 

 
 
 
2018年は、年明けから大寒波があり、寒い1年になりそうかと思いきや、この5月は夏日があったり、涼しい日があったり、、今年も変な気候になりそうな気配が~~。(ノ゚□゚)ノ
 
「いや、今年は大丈夫でしょ。そんなに天候は悪くないはず~。」と余裕をぶっこいてたら、収穫時に大変なことになりそうなので(実が小さすぎたり、逆に大きすぎたり、糖度が低かったり等)、天候と文旦の樹の状態を気にしつつ、栽培していこうと思ってます。
 
その栽培についてだけど、山地の文旦と、平地の文旦を比べると、平地の文旦の太りがよくない。ちょっと小さいんです。肥料は同じ量を上げてるんですが、うちの畑の平地は、山の谷間にあるので日当たりがよくないので、太りにくい~。
 
文旦の実を落とす摘果を早めに行ったりしたんだけど、それでも山地ほどは太らない。今年も去年と同じ栽培管理だと、相変わらず太りがよくないままになるので、新しい取り組みとして、平地の畑だけ、夏肥を少しだけまいてあげることにしました。
 
今までは、夏肥はまかずに、夏は液肥をあけてあげてたんですが、今年はチャレンジ。(ノ゚□゚)ノ
 
肥料の設計を変えると、文旦の実の生育や味も変わってくるので、大きな影響がでないように、少しだけ、1反に1袋半(30キロ)ふってあげました。
 
さぁ、どんな感じで生育するかな~。楽しみだ~~。ヽ( ´ー`)ノ