BLOG

ブログ

2018年05月14日

農業 文旦 人工授粉 新規就農

文旦の花つけ終わったー。GWも終わってたー

 

先週の土曜日で、無事、文旦の花つけ(人工授粉)が終わった。(*´ο`*)=3 
 
今年は桜の花の開花が早かったので、文旦の花も早く咲くかな~と思っていたら、だいぶ咲くのが早くて、例年なら5月7日くらいから花つけをしてますが、今年は早めにして、5月3日から花つけにしたんですが、それでもちょっと花つけが遅いかな~と感じてしまうくらい咲くのが早かった。Σ(゚д゚;) 
 
文旦の花つけとは、文旦の花が咲いている1週間~2週間の間に、人の手で、一花、一花ずつ、綿毛のぼんぼんで、文旦のめしべに花粉をつけていく作業です。この作業をしておかないと、一つの木に実る文旦の数が、めっちゃ減ってしまうから、人の手で花つけをしてくんです。
 
でも時間が限られてて、2週間までに花つけをしないと、桜の花のように、文旦の花が落ちてしまうので、その前に、人工授粉。ずっと晴れ間が続いてくれるといいんですが、雨がふると、綿毛のぼんぼんが濡れちゃうので、花つけはできない。前日に雨が降ってたら、当日晴れでも、花のめしべは濡れているので、午後にならないと花つけできない。。。
 
 
日数が限られているのに、雨がふったりする。。。今年はちゃんと花つけできるのか!?どうなの~!!???(ノ゚□゚)ノ
 
 
とドキドキしながらの花つけでしたが、なんとか花つけできました。よかった、よかった~~。
 
こんな感じで毎年、GWは過ぎていきます。もう慣れっこなので、「せっかくのGWにお出かけできないな~。残念~」とは思わなくなりましたが、保育園の息子が、どこかにお出かけしたかったのに~と言っていたので、夏か秋には、家族で旅行に行こうと思ってます。
 
 
今月は、剪定した枝が畑に残っているので、その枝の除去と草刈りをしていきますー。梅雨入りまでには、なんとかおわらさないとーー。ヽ( ´ー`)ノ