BLOG

ブログ

2018年04月09日

文旦 仕事 剪定

4月の仕事は~~

 

文旦の出荷が終わって、ほっと一息するものつかの間。ゴールデンウイークから始まる文旦の人工授粉作業までに、急いで終わらせないといけないことが、いっぱい!(ノ゚□゚)ノ
 
・文旦の木の剪定
・剪定した枝の片づけ
・畑の草刈り
 
文章にすると、たった3つだけ~。いっぱいじゃないやん。と思われるかもしれませんが、1つの仕事に対する作業時間が長いんです。木の剪定は、あと5日間くらいかかるし、枝の片づけは10日間くらい。畑の草刈りも10日間くらいかかるんです。
 
僕は、農家になる前は、「なんで農家は、朝早くから夕方まで、毎日忙しいのかな~」と思ってたんですが、就農してみると実感するんです。1つの仕事がすぐには終わらない。時間がかかるな~ってことに。
 
 
余裕をこいて仕事をしていると、仕事が終わってないのに、あっという間に5月になっちゃうので、ほっと一息したまま、ダラダラしちゃわないように今月も頑張っていきますー。ヾ(´▽`)ノ
 
 
あ、なんで剪定した枝の片づけをしないといけないかというと、剪定した枝を文旦畑にそのままにしておくと、その枝から菌が発生して、その菌が実に感染すると、実に黒い点々がついて見た目が悪くなるので、菌が発生しないように、文旦畑から運びだしておくんですよー。手間のかかる仕事ですが、このひと手間で、実の仕上がりが変わってくる大事な仕事です。(*´ο`*)=3