BLOG

ブログ

2018年04月08日

美味しい 文旦 見分け方

美味しい文旦の見分け方

 

もう文旦のシーズンは終わってしまったけど、ちょこちょこ友人・知人に聞かれることがあるので、今さらながら紹介します~。(*゚▽゚)ノ
 
まず外見では、ほぼ見分けることができません。傷がなくて、きれいな丸い文旦でも食べてみると、「う~ん。。。」って感じの文旦は、結構あります。文旦って見た目はどっしりしてますが、中身は繊細で、ちょっとした気候の変化や、生産者の作り方によって、味がかなり違ってくる果物なんです。
 
 
じゃあ、どうすればいいのか? 「(゚~゚o)
 
 
■試食をする
農家の直売所等では、試食用の文旦がおいてあるので、それを食べて味を確認してから購入するのが、安心です。
 
「でも、スーパーや百貨店だと試食できないじゃない~。」
 
と思っちゃいますが、スーパーの場合は、小玉の文旦を1玉ずつや、1袋ずつで売っているので、それを買って、今年の文旦の味をみてみてください。百貨店の場合は、「試食ってありますか?」と聞いてみてください。試食がある場合もあるし、なかったとしたら、百貨店の店員さんが、この箱の文旦はおススメです。と教えてくれる場合があります。
 
 
■購入時期は、2月下旬~3月上旬
あとは、文旦がお店にならぶ時期は2月~3月ですが、文旦の味がのってくるのは、熟成がすすんだ2月下旬から3月上旬なんです。
2月はじめの文旦も十分、美味しいですが、それよりも熟成がすすんだ2月下旬からのほうが、酸味が抜けて、甘みと香りが強くなるので、より美味しいです。
 
文旦に限らず、他の果物でも、お店に出始めの初物の時よりも、少し日にちがたった時のほうが、熟しているので美味しかったりします。
 
■文旦の重さを比べてみる
その他のポイントとしては、お店に、いろんな産地の文旦がある場合は、文旦を手に取ってみて、重さを比べてみてください。実が重いほうが、皮が薄く、果汁が多いんです。ただ、この重さを比べるのは、慣れてないと、なかなか分からないかもしれないです。※中玉2Lサイズの文旦で、軽い文旦と重い文旦の差は25~30gくらいです。
 
 
また来年、文旦を購入する機会があれば、上記ことを思い出して、チェックしてみてくださいね~~
ヽ( ´ー`)ノ