BLOG

ブログ

2018年04月14日

地域活性化させるって何ぞや!?

 

来週は、JAさん経由で、市長と農家を囲んでの意見交換会に参加することになったり、去年から土佐市の地域を活性化させるNPOに参加したりするので、あらためて「地域活性化って何をすればいいんだろう?」と考えながら、今日は文旦の木の剪定をしてました。
 
まず、街って、市って、どんな要素からできてるんだろう?こんな建物、施設があって、道が広くて等々、いろんな要素がありますが、一番の要素は「人」なのかなと。何もない平地に、人がたくさん集まってきて、そこに住むようになったら、そこが村になり、もっと人が増えてきたら町、市になっていくんだろうな~と。(*´ο`*)=3 
 
ということは、市の最小単位は「人」。もしくは「1家族」という考え方もできるな~。1家族が8000家族くらい集まれば、土佐市になるのかな~(約27,000人)
 
 
じゃあ次に「活性化」ってどういうことだろう?普通に考えたら地域活性化って、いろんな側面から活性化の方法って考えられるから、
ちょっとシンプルに考えてみようと思って、例えば、理科の実験でビーカーにはいった細胞。なんでもいいけど、じゃぁアメーバーが活性化してる状態って、どんな時だろうって考えてみたら、「細胞分裂して、どんどん増えている」、「アメーバーが、活発に動いている」時なのかな~と。
 
 
じゃあ、これを市に置き換えてみると、「(゚~゚o)
 
・どんどん「人」が「1家族」が増えている。
・いろんな人達が地域で活動している。
 
そんな状態が、地域活性化している状況のひとつといえると思う。
 
 
ではでは、人が増えると時はどんな時。出産、移住、滞在する時かな。
 
出産が増えるのは。。。う~ん。まったく分からない。抽象的にはファミリー層が暮らしやすい街づくり?ん~、20~30代くらいの夫婦の定住者が今よりも増えれば市の出産率は上がるのかな~?
じゃあ20~30代の夫婦が定住してくるためには、他の地域と違う何か特徴を打ち出していかないといけないのかな~。
移住を増やすには、移住フェアや地域おこし協力隊で県外から移住してくれてる~。でも、これだけでいいのかな?他にどんな選択肢があるのかわからないけど。
滞在を増やすためには、観光やイベントに注力していけばいいのかな~。
 
 
あとのいろんな人たちが地域で活動しているについては、東京の渋谷にあるシブヤ大学みたいな活動ができると面白いのかな~。本当の大学じゃなくて、地域の人が先生であり、生徒であるという、新しいコミュニテイー。
http://www.shibuya-univ.net/about/
 
1回、参加してみたいなと思いながら、参加したことはないんだけど、受けてみたい講義がいっぱい。
 
あと数年したら、立派な複合施設ができるから、そこを会場にして、地元の学生や大人が参加できる、いろんな市民講義が生まれてくるといいな~。
 
 
と剪定をしながら、頭の中で、妄想を膨らましてました。
 
 
 
地域活性化させるって、考える人の立場や、方法によって、いろんなパータンが考えられるから、答えは無限大。
 
みなさんは「地域活性化させる」って、どういうことだと思いますか~?ヽ( ´ー`)ノ